看護師 辞めたい 

看護師 辞めたい〜人間関係最悪のクリニックを辞め、新しい職場へ、勤務中久しぶりにスタッフと笑顔で会話!

看護師 辞めたい

 

看護士 辞めたい退職したくてもできないでいる、辞めたくても辞められない理由の一つに、
次の職場が見つかるのかという不安、どこで働いてもたいして変わるわけがないと思っていませんか?

 

看護師 辞めたい確かに求人はあるれていますが、
本当に働きやすい、長く働ける職場を探したいとなると難しいのが現状です。

 

看護士  辞めたいむしろ、妥協しないと決まらないなんて思ってしまうくらいです。

 

しかし、近年はスマホが普及したことで
看護士 求人情報が見つけやすくなっているのも事実です。

 

「職場の人間関係はいいのかな〜?」

「病院の設備ってどんな感じなのかな〜?」

「有給等の休みはちゃんと取れるのかな〜?」

「ママ看護師さんはけっこういるのかしら?」

「夜勤は月にどれくらいあるんだろう?」

「職場はどのくらい忙しいんだろう?」

「月にどのくらい残業あるのでしょうか?」

「病院全体の平均年齢はどのくらいかしら?」

「手当てはちゃんとしているのでしょうか?」

「中途で入職しても、ちゃんと教育してくれるのかが心配なんですが?」

 

看護師 辞めたい気になる求人についてのこんな感じの情報までも、
当たり前ですが、無料で情報収集することができます。

 

こちらを読んでみると良いかもしれないです。

 

少しだけ、気持ちが楽になるのではと思います。

 

https://www.nursejinzaibank.com/

 

年間10万人が利用する人気の看護師専門サイトでハローワークの掲載情報など、もちろん案内も可能です。

 

参考になればいいのですが。

 

看護師 転職

 

なんとしてもミスマッチだけはしたくない!という利用者の想いから、様々な看護師転職サイトを比較し、
その中でも厳選に厳選を重ね、こちらを掲載しました。
もちろん、ハローワークやそのほかの看護師転職サイトもタイミングが合えば素晴らしい情報に出会えるという点では同じなので、
上記の5つ求人情報と併用して情報を集めて頂けますと、より好条件の情報に出会えると思います。

 

 

なぜ無料で利用できるのか?

 

看護士  辞めたい

求人を紹介する側が求職者のあなたから金銭的な負担を要求することは法律で禁止されているからです。
ですから、無料登録することで上記のような普段知ることが難しい情報を知ることができます。
言うなれば民間のハローワークというところですね。
ここが看護師専門のHPの価値を感じる部分かと思います。

 

どうやって調べれば良いのか?

 

最近では、スマホの需要が格段に増えてきており、
看護師HPの利用者の数も急増しています。

看護士 専門HPのサービスとは・・・

スマホなどで無料登録することで登録したホームページのあらゆる情報、

サービスなどを受けることができます。

全国いつでもどこからでも情報収集が可能ですし、
簡単な入力ですぐに新着看護士 求人情報などがわかります。
ほかに行っても同じだと思っていたあなたの希望条件が
意外にあっさり見つかるかもしれません。
タイミングを見て、マメに確認することができれば、
もっとその可能性が広がると思います。
特に、看護士専門ののHPのなかでも、
大手なので評価は高く、看護士の方も満足していることで人気が高いのがこちらです。
一部ですが、転職に成功された方々の声も掲載されていますよ。

もう辞めたい…。

今後が不安…。

看護士 は続けたいけど…。

○看護士がよく辞めたいというその理由。
看護師 辞めたい
看護士の方で、職場を辞めたいという方は多いと思います。
その場合、どのような理由で辞めてしまうかを調べてみると、
何点かは看護士の仕事に限らず共通しているようです。
まだまだ女性中心の環境ということで、
妬み、やっかみではじき出されるということもあると思います。
正当な評価がもらえない上に、激務な環境というのは、
看護士の世界だけではないかもしれないですね。
上司への不満というのはどんな仕事にもあるのですから。
大半の病院が看護士不足なので、
今より条件のいいところに出会えた瞬間、
すぐ辞めれば良い!そう考えている方も少なくないようですから、
国家資格を持つ安心感もあるのかもしれないですね。
その他は妊娠、夫の転勤などが挙げられます。
ただ本当に辞める理由は本人にしかわからない部分があるようです。

人には言いづらい部分、内に秘めておきたい出来事、
多々あると思います。
職場を代えるということはそれなりの決心があるのは間違いないのではないでしょうか。
○40代看護士 再就職〜ブランク後の不安さへも
40代看護師再就職
40歳の看護士にとって、ブランク後の再就職はかなり不安があるのではと考えるが、
正直、一般の人達に比べると、そのハードルは低くなるのではと思う。
その理由はもちろん国家資格があるからだ。
使いたい時に使う事の出来る資格があるというのは、看護士免許に限らず、
一生活用できる身を守る一つの武器と言えるのではないだろうか。
前職で苦しい思いをした事がトラウマになり、潜在看護士になってしまう人も少なくないが、
心に受けた傷が落ち着き、そろそろ現場に復帰してみたいと考える人も少なくないのが現状だ。
看護士不足と言われている今、年代を問わず、力を必要としている医療機関は多いはず。
しかし、自分のライフスタイルと合わなければ、
また、すぐに退職してしまうという最悪の結果にならないとも限らない。

それを加味した上で、始めの情報収集に力を入れる事は最重要と言えるのではないだろうか。
あなたの力を必要としている患者様が無数にいると感じたなら、
看護士免許を手にした日を思い出し、心も躍動するのではないだろうか。

 

○看護士 離職した…。精神的な理由
看護師 離職
辛いことでした。
私は離職するなんて考えたこともなかったのに。
退職した日は人生のおてんだと思いました。
無様だと感じました。
しかし、打たれても、無様でも、、
また立ち上がることができたなら、大げさですが、
それは生き様に変わるのだと思いました。
負けずに頑張ろうと思いました。

 

 

倒れたって次があると思いました。

 

泣きたいのは山々でしたが、前を向いて歩かなければと思いました。
自分が決めたデコボコの道で、迷えばいいのだと思い、
気持ちを切り替え、働いてみたい病院があるか、
情報をたくさん集めてみようと思いました。

 

信じられる仲間のもとへ…。

 

現場で長続きするかどうかは、
やはり人間関係だけのように私は思います。
給料が安い、休みが少ない、他にも不満なんていくらでも出てくると思いますが、
それを補えるのが、やはり一緒に働いている仲間の存在に他ならない、
私はそう思います。
「あの人が困っているから、助けたい!」
「先輩みたいな看護師になりたい!」
「この前あの人に助けてもらった!絶対恩返ししなければ。」
こんな思いの中で毎日過ごす事が出来たなら、
人として、看護士として、成長しないわけがありません。
言い方を変えるなら、人は信頼できる人たちと仕事をするべきだと、
単純に思うんです。
せっかく離職して自由になったのだから、
また前職と同じように現場を選ばないように細心の注意をはらいながら、
理想の現場を見極めていただければ幸いです。
面接で出会う看護部長、師長さんの人柄や、

見学に行った時の現場の雰囲気をしっかり摘み取ってこちらがセレクトする事を忘れないでください。
○看護士 離職しても〜選択肢は増えている…。
新人看護師 離職
私の体験談からですが、
離職する場合の理由は、看護で悩むというより、
人間関係に悩み、辞職、退職する人の方が圧倒的に多い気がします。
例えば、看護士の資格を取ることのできる人間が、
できないなんて本来ありえないと思うのですが、
なぜか意地悪な人間から1度「できない。」レッテルを無理やりのように貼られ、
できない人間に仕立てあげらるようなこともあるように思います。
組織というか、グループの特色なのでしょうか、
誰かをターゲットに、はけ口にしなければダメなんでしょうね。
そんな職場にいつまでもいるよりかは、
環境を変えて自分が成長できる場所、
次の職場を探したほうが絶対に良いと思います。

低レベルの集団の輪の中で自分を抑えながら、
我慢しながら成長できずに、トイレで泣くような時間を増やしても虚しいだけですし、
時間がもったいないように思います。
どんなに知識を詰め込んだとしても、
実際に現場で経験を積ませてもらわなければ技術の習得できるはずがありません。

 

看護士資格の選択肢は増えている!

 

自分が看護士として、しっかり成長できる場所を探し、
そこで頑張るほうがよっぽど有意義な時間ではないかと思います。
看護の世界は幅広いですし、一度や二度、あるいは三度失敗しても、
活躍できる場所は他にもたくさんあります。
誰だって実際働いてみないとわからないものですし、
人それぞれ合う合わないは当然あるのだと思います。
自分が成長できる現場の選択さへ間違わなければ、
希望は間違いなく未来へと続いていくのではないでしょうか。
恐れず、我慢せず、どんどんチャレンジしたほうがいいのではないでしょうか。
どこの現場に行っても、どうせ同じだからと、我慢するしかないないと、
調べる前から諦めたりせずに、必ず自分に合った病院(現場)はあると信じましょう。
看護士資格の選択肢が増えているのは事実なのですから…。